まずは形と大きさを決定

のぼりというと皆さんのイメージは、『業者に注文するもの』ではないでしょうか。

確かに今はよりのぼりを注文しやすくなっています。

のぼりの業者によっては本当に数多くのアイテムを取り揃えている店もありますし、のぼり製作所というお店では一枚から注文が可能です。

少ない枚数でも注文が可能になった事から、沢山の人が気軽にのぼりを頼めるようになりました。

そんなのぼりですが、注文ではなく手作りしたい、自分でのぼりを作成したい!という方が、まず何をすれば良いのかご存知でしょうか?

ここでは、のぼりを作成する際にまずは何からやったらよいのかをご説明していきたいと思います。

のぼりの大きさ、いわゆるサイズというのには、細かい決まりというのが存在しません。

好きに決めてよいのです。

ということで、のぼりをどんな目的で使用するのか?という事を考えて、それに適したサイズで検討していくことが大事です。

では、実際のぼりを作成するのに、まず最初に決めなくてはならないのがサイズと形なります。

様々な形が存在するのぼり。

頻繁に目にするあの長方形の型ののぼりだけないのです。

極端な事を言ったら、四角形である必要はないのですよ。

そして、形を決定したら、次はサイズ決めになります。

テーブルの上に置くような小さいサイズから、屋根を演出するような大きいものまで色々ありますが、ここでは大きさの基準を決定しておきましょう。

例えば・・・cmとか細かな数字は要らないのです。

おおよそこれ位のサイズといった感じで大丈夫です。

それはどうしてかと言うと、のぼりの旗を立てるべく竿というのは既製品を使う為、細かな数字のサイズはその竿に添って決めるからなのです。

ということで、今の段階ではおおまかな大きさで良いのです。

大まかなサイズをメモなどに控える場合は、約・・・cmから・・・cmほどというように書いておくと後でわかりやすくておすすめですよ。

最初にのぼりの竿を購入している時も同様ですよ。